設備紹介

設備紹介

イメージ画像

レントゲン

当院では富士フィルムのデジタルX線画像システム(FCR)を採用しております。高画質のレントゲン写真を提供しながら、フィルムを使用しないため、フィルムに含まれている水銀の問題、現像液の廃棄の問題もなく、環境に配慮しております。

イメージ画像

超音波検査器

超音波の跳ね返りを利用して、お腹の中や心臓などの状態がわかる機械です。動物たちには、少しじっとしていてもらいますが、リアルタイムで今の情報が得られ、痛みのない検査です。

イメージ画像

血液検査機器

血液で体の様々な状態を知ることが出来ます。術前検査、健康診断、スクリーニング検査など病気の早期発見のためにとても役にたつ機械です。結果は当日すぐにわかります。

イメージ画像

レーザー治療器

痛みと炎症を鎮めて、傷の治りを早めることができます。レーザーは、温熱の他にレーザーメスと二通りの使い方ができます。身体の表面の小さなできものなら、局所麻酔で切除が可能です。

イメージ画像

手術室

安全に手術を行うために、心電図などの生体モニター、人工呼吸器、電気メスなどの手術機器を備えております。麻酔による体温の低下防止に、温風ヒーターを使用しています。

イメージ画像

動物病院専用 ペットライフチャンネル

待合室にモニターを2台設置してあります。通常のテレビ番組ではなく、当院オリジナル番組や動物の病気に関する内容を放送しています。毎月変わります。

イメージ画像

ICU

ICUは温度、湿度、酸素濃度を管理できる重症動物用の入院室です。手術後の回復や呼吸が苦しい動物もこの中で酸素を吸うと楽になります。

イメージ画像

歯科処置用器具

歯石のついた歯をキレイにすることができます。超音波スケーラーで歯石を削り取った後、研磨剤で磨きます。歯周病が進行した子は、歯科用レントゲンで撮影し、歯の根元や顎の骨の状態を確認します。

イメージ画像

超音波凝固切開装置

超音波の振動によって切離、剥離、止血が同時に行えます。ほぼ無出血で手術時間の短縮や体内に残った糸が引き起こす「異物反応」のリスクが少ないというメリットがあります。

TOP診療案内院長紹介/医院案内設備紹介お知らせQ&A

このページのトップへ